無痛麻酔によるインプラント治療

本日当院のインプラント処置は、静脈内鎮静法を併用しました。歯科で行う無痛麻酔とは、静脈内鎮静法による麻酔を指すことが多いです。これは、精神安定薬を注射して「意識はあるけれど眠い状態」で手術を受けていただくとても安全な麻酔です。強い嘔吐反射や歯科治療、手術に対する緊張や恐怖心のために歯科治療が受けられない方にとても有効です。入院や全身麻酔のような危険が必要なく、手術後すぐに意識が回復するため、30分程度で帰宅していただけます。実際に受けられた患者さんの満足度は非常に高く、苦痛などみじんも感じないうちに治療が終わってしまった、という方がほとんどです。興味のある方は一度当院にご相談下さい。