妊娠と歯の関係

妊娠すると、赤ちゃんが母体からカルシウムを吸収してお母さんの歯が悪くなる。よく言われる話ですが、まったくの迷信です。妊娠すると歯が悪くなることがあるものの、赤ちゃんが母体からカルシウムを持っていくことはありません。妊娠して歯が悪くなる原因は、まず規則的な生活ができないことにあります。また、妊娠するとすっぱいものがほしくなり、口の中を酸性の環境にします。口の中が酸性の環境になると炎症を起こしやすくなったり、菌が増殖しやすくなります。つわりもあって、歯を磨こうとすると嘔吐感もあります。歯周病を放置しておくと、女性ホルモンを好む細菌の増殖や早産の危険性が高まりますので要注意です。妊娠したらより一層、口の中のお手入れに注意が必要で、動ける間は歯医者さんでケアをしてもらったほうが良いでしょう。

鶴ヶ島・坂戸・川越の歯科
若葉駅徒歩2分
医)プラザ若葉歯科
049-287-1515