虫歯の要因

虫歯になる要因は3つあります。1つは歯自体の質、2つめは虫歯菌の量や強さなど、3つめは砂糖などの虫歯になりやすい食べ物をどのくらい食べているか、どのように食べているかです。この3つの要因がすべてかさなると虫歯になります。
例えばお菓子ばかり食べ、まったく歯磨きをしなくても、口の中に虫歯菌がいなければ虫歯にはなりません。また、口の中が虫歯菌でいっぱいでも、虫歯の原因になる食べ物を食べなければ、これは虫歯にはなりません。しかし、そのようなことは現実的に無理なので、この要因を減らすように努力しなければいけません。

そして、虫歯の原因となる代表的な虫歯菌がミュータンス菌です。正しくは「ストレプトコッカス・ミュータンス」といって、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。食事の時に使うスプーンやお箸、又は口移しなどで大人から感染すると考えられています。このミュータンス菌は食べ物の中の糖分から、ベタベタした粘りけのあるプラーク(歯垢)を作り出して、歯にくっつきます。さらにプラークの中で歯のエナメル質を溶かす「酸」を出し、虫歯にしてしまいます。

食べ物を食べると口の中の虫歯菌は、食べ物の中の糖分から酸を作り出します。その酸によって口の中は酸性になります。口の中が酸性になると、歯が少しずつ溶けはじめます。これを脱灰といいます。しかし、食べ終わってからしばらくたつと、唾液の効果によって口の中が中性に戻ります。すると脱灰によって溶けたカルシウムが歯の表面にくっつき、さらに歯を強くします。これを再石灰化といいます。
脱灰と再石灰化のバランスがくずれ、脱灰の時間が続いた状態…この状態が虫歯のはじまりといえます。

虫歯を作らないためにも食後、間食後はできるだけ早めに歯を磨き、しっかりと虫歯予防をしていきたいですね!