虫歯はどうやって出来るの?

今日は虫歯の発生の仕方と、その進行の仕方についてお話します!

虫歯の原因となる細菌(ミュータンス菌)は、食べ物や飲み物に含まれている糖分を栄養として、お口の中でネバッとした物質(歯垢)をつくり、そこから酸を放出します。

この酸が歯に付着し、表面のエナメル質(白い部分)を溶かし歯をやわらかく(脱灰)します。
この柔らかくなった部分を一般的に「虫歯」といいます。
虫歯の初期の段階なら、唾液の力で修復(再石灰化)がおこなわれ、
元の健康な歯の状態に戻ります。
しかし、間食をしたり、お口の中のケアを怠っていたりなど、
歯垢が酸を放出しやすい環境であればあるほど、再石灰化が 間に合わず、
歯の表面がどんどん溶けて穴があき、 虫歯は歯の内部へと入り込み、C0~C4までの深さで進行していきます。

ですので、一日の中で頻繁に糖分を取っていると虫歯になりやすくなってしまいます・・・。

虫歯になってから治療するのではなく、出来る限りお口の中の自然な働き(唾液)で、虫歯を防いでいけたらいいですよね!

当院では、どうしたら虫歯になりやすいのか、
どうしたら予防が出来るのか、のご相談もさせて
頂いておりますのでお気軽にお声掛け下さいね☆

本日も皆さんのご来院をお待ちしております☆

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515
【診療時間】
平日 9:30~13:00 15:00~19:00
土曜 9:30~13:00 15:00~18:00まで
休診日:水曜、日曜、祝日